ニュース

米国男子ロケットモーゲージ・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

単独首位浮上のウルフ 頭に流れたアイスクリーム屋さんのメロディー

◇米国男子◇ロケットモーゲージ・クラシック 3日目(4日)◇デトロイトGC(ミシガン州)◇7340yd(パー72)

流れるメロディーも味方につけて、マシュー・ウルフがプロ2勝目に近づいた。連日の「64」で通算19アンダー。後続に3打差をつけたムービングデーの爆発の要因に挙げたのは、なんとも意外、コースの外を回る「アイスクリームのトラック」だった。

<< 下に続く >>

会場のデトロイトGCはダウンタウンの北にある。日差しもキツかった土曜日の日中は、コースに面した住宅街をアイスクリームの移動販売車がゆっくりと巡回していた。「ジョークじゃないよ。5番(パー3)できょう一番長い、10mくらいのパットを決めたとき、トラックから(メロディーが)聞こえて、いい気分になった。それから頭のなかはアイスクリームの車の歌でいっぱい。パットで余計なことを考えずに済んだんだ」

夕方が近づくにつれ、ゴルファーにストレスを蓄積させるポアナ芝のやっかいな芝目もなんのその。「ポアナでボールが跳ねることを考えがちだけど、とにかく、自分ができること、ラインとスピードの読みに集中した。確かにきょうは難しかった。でも変な転がりもあれば、ラッキーな転がりもあった」。中盤9番からの2連続ボギーにもめげず、後半14番は残り217ydの第2打を6Iでピンそば5mに2オンさせてイーグルを決めた。

54ホールを終えて25バーディ(イーグルを含む)は今シーズンの全選手中最多の数字。21歳2カ月21日で迎える最終日に昨年7月の「3Mオープン」以来の優勝を飾れば、タイガー・ウッズ(20歳9カ月20日)に次ぐ、年少複数回勝利となる。

どこか牧歌的なリズムが耳に届いたのも、静まり返った無観客試合の恩恵かも? ちなみに21歳は「バニラ派」だとか。「車にはもっと美味しそうなアイスキャンデーがあるみたいだった。あしたはそのことを考えてプレーするよ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ロケットモーゲージ・クラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!