ニュース

米国男子チャールズ・シュワブチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 チャールズ・シュワブチャレンジ
期間:06/11〜06/14 場所:コロニアルCC(テキサス州)

リー・ウェストウッドは渡米に難色 コロナ禍の隔離措置で

6月11日開幕の「チャールズ・シュワブチャレンジ」(テキサス州コロニアルCC)で再開する米ツアーへの参戦について、リー・ウェストウッド(イングランド)は当面見送る考えを示した。米ゴルフチャンネルのインタビューに答え、新型コロナウイルス感染拡大による渡航に際した隔離措置を懸念した。

世界ランキング31位のウェストウッドは招待試合である「チャールズ―」と翌週の「RBCヘリテージ」の出場資格を持つが、欠場する意向。英国に滞在中で、「現段階では、自主隔離のために2週以上前にここを離れ、2試合出てから戻ってまた隔離してまで出るつもりはない。2試合のために6週間を過ごすのは、僕にとっては価値がない」と、ウイルス感染拡大予防のための米入国後および帰国後の行動制限に難色を示した。

ウェストウッドは今年1月に「アブダビHSBCゴルフ選手権」で優勝するなど、近年は欧州ツアーを主戦場にしている。また、現在の状況が続けば、8月に米カリフォルニア州で開催されるメジャー「全米プロ」も、前週に欧州ツアーの再開戦とみられ、自身が母国でホストを務める「ベットフレッド英国マスターズ」を理由に欠場することを示唆した。

米ツアーは米国外に滞在している松山英樹小平智を含む25人の選手を確認しており、すでにトミー・フリートウッド(イングランド)も6月は欧州に留まる考えを示している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 チャールズ・シュワブチャレンジ

  • 2020/06/11~2020/06/14
  • コロニアルCC(テキサス州)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!