ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 マスターズ
期間:11/12〜11/15 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

11月の「マスターズ」出場96選手決定 4人が世界ランクで滑り込み

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて11月への延期が決まった「マスターズ」の出場選手が確定した。本来なら今週9日に開幕する予定だった。

「マスターズ前週発表の世界ランキング上位50位まで」に与えられてきた出場資格については、主要ツアー中断によって3月15日に凍結された時点のランキングを適用。コリン・モリカワ(44位)、スコッティ・シェフラー(45位)、クリスティアン・ベゾイデンハウト(南アフリカ、47位)、グレーム・マクドウェル(北アイルランド、49位)が滑り込みを決めた。

ツアー再開後のPGAツアー優勝者など、新たに資格を満たした選手は2021年大会に出場することができる。

日本勢では松山英樹が7年連続9度目、今平周吾が2年連続2度目の出場を決めている。

初出場は以下の選手(※はアマチュア)

アブラム・アンセル(メキシコ)、※ジョン・オーゲンスティーンクリスティアン・ベゾイデンハウトキャメロン・チャンプタイラー・ダンカン、※アベル・ガジェゴス(アルゼンチン)、ラント・グリフィンマックス・ホマイム・ソンジェ(韓国)、ジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)、カン・スン(韓国)、ジェイソン・コクラックネイト・ラシェリー、※ルーカス・マイケル(オーストラリア)、コリン・モリカワセバスチャン・ムニョス(コロンビア)、※アンディ・オグルトゥリーパン・チェンツェン(台湾)、ビクトル・ペレス(フランス)、J.T.ポストンアンドリュー・パットナムスコッティ・シェフラー、※ジェームス・サグルー(アイルランド)、ニック・テイラー(カナダ)、エリック・ファンローエン(南アフリカ)、マシュー・ウルフ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 マスターズ

  • 2020/11/12~2020/11/15
  • オーガスタナショナルGC(ジョージア州)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!