ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 WGCメキシコ選手権
期間:02/20〜02/23 場所:チャプルテペクGC(メキシコ)

ムービングデーに伸ばせず 松山英樹はパットで「絶対いけないミス」

2020/02/23 09:54


◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 3日目(22日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7355yd(パー71)

9アンダーの4位タイから出た松山英樹はスコアを伸ばせず、優勝争いから一歩後退した。5バーディ、5ボギーの「71」。9位タイに順位を下げ、首位ジャスティン・トーマスとの差は6打に広がった。中盤にグリーン上で苦しみ、パットの指標であるストローク・ゲインド・パッティングはこの日「-2.919」で最下位の72位だった。

ロリー・マキロイ(北アイルランド)、トーマスとの豪華なグループがメキシコのゴルフファンを引き連れた。松山は序盤2番でわずかに右に出た1Wショットがロストボールとなる不運からボギーを先行させながら、4番から2ホール続けて第2打をピン手前60㎝以内につけて、バーディを獲り返した。

「2番はなぜなくなったのか不思議なくらい。ロリーが行った辺りにあると思っていた。その後、戻せるので行けるかなと思ったんですけど…」

切れ味抜群のアイアンショットは健在だったが、要所でショートパットが決まらなかった。9番で1mを外して2連続ボギーで折り返し、12番からまた2連続ボギー。「短いパットのミスがすごく痛い。13番は入れたい気持ちが強すぎて、(ストロークが)強く入ってしまった。絶対にしてはいけないようなミスをしてしまった」

「途中から、自分のゴルフができなくなってスコアを伸ばしたい、伸ばしたいという気持ちばかりが先に行った」。15番からの上がり4ホールを2バーディで盛り返したとはいえ、あと2つ獲ってもおかしくなかった。

16番は4m、18番は3mのチャンスを外してパーにした。「最後(18番で)入っていれば5打差だったので、気分よくあしたを迎えられたと思うんですけど、入らなかった」。同じ9アンダーからスタートしたトーマスとの差は、この日のスコアの開きそのままだ。

フィールドの平均スコアが3日間で最少の「69.750」を記録したこの日、ジョン・ラーム(スペイン)が大会記録の「61」をマークした。「出せないわけではないと思うので、頑張りたいと思います」。大逆転のチャンスが潰えたわけではない。(メキシコ・メキシコシティ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 WGCメキシコ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!