ニュース

米国男子ジェネシス招待の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ジェネシス招待
期間:02/13〜02/16 場所:リビエラCC(カリフォルニア州)

土壇場で予選通過も…松山英樹はホールアウト後にアクシデント

2020/02/15 12:34


◇米国男子◇ジェネシス招待 2日目(14日)◇リビエラCC(カリフォルニア州)◇7322yd(パー71)

午後スタートの大会2日目。松山英樹は1番(パー5)をチップインイーグルでスタートしたが、中盤に伸び悩み、1イーグル2バーディ、5ボギーの1オーバー「72」。17番をボギーとして一時は決勝圏外に滑り落ちたが、最終18番をバーディで締め、通算1オーバー57位のカットライン上で週末の切符をつかんだ。

最終18番の2打目は、ピンまで残り178yd。予選通過にはバーディが必須だったが、「ショットは良くなって来ているので、ある程度つけられる感じはあった」と振り返る。8Iを振り抜くと、フォローの風に乗った球はピン手前でワンバウンドしてピンフラッグに包まれて、そのまま奥1mにポトリ。グリーンを取り巻くギャラリーの喝采を浴びたあと、このパットを確実にカップに沈めた。

ショットは昨日に比べて格段に良くなった。1Wはロフト角を微調整したことで、この日はほぼノーミス。アイアンショットも切れ味を取り戻した。「これが今日だけじゃなく、明日も明後日も続けられたら、もっと自信を持って打てるようになると思う」とうなずいた。

この日は、カラーからも含めると3度の3パットを喫するなど苦戦したグリーン上だが、午後のポアナ芝ということを考慮すれば、ある程度は致し方ない部分もある。「久々にポアナの難しさを感じました。2、3ホールでミスはしたけど、それ以外はよいパットを打てている。あとは結果がついてくるのを待つだけ」と受け止めた。

だが、ホールアウト後に余計なアクシデントが発生した。18番グリーンからクラブハウスに向けた階段を上っていると、無理やり写真を撮ろうとした女性ギャラリーが松山の右腕を強くつかんで引き寄せた。その拍子によろけた松山は、その後しばらく右腕を痛そうにさすっていた。少ししてパッティング練習をはじめたが、大事に至らないことを祈るばかり。現場のセキュリティスタッフがすぐに対応に駆けつけたが、観戦するギャラリーにも、くれぐれも注意してもらいたい。(カリフォルニア州パシフィックパリセーズ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ジェネシス招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!