ニュース

米国男子ジェネシス招待の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ジェネシス招待
期間:02/13〜02/16 場所:リビエラCC(カリフォルニア州)

松山英樹、スロースタートにも「悪いという雰囲気はない」

2020/02/14 11:16


◇米国男子◇ジェネシス招待 初日(13日)◇リビエラCC(カリフォルニア州)◇7322yd(パー71)

コース内で感じる手応えに、結果がなかなかついてこない。初日を3バーディ、1ボギー1ダブルボギーのイーブンパー「71」、42位で終えた松山英樹は「悪いゴルフという雰囲気はなかった」と話し、照りつける午後の陽射しに目を伏せた。

朝の冷気が残る7時48分に10番からティオフ。11番(パー5)は1Wショットが左の巨木につかまったが、レイアップ後に1mを沈めてバーディを先行させた。12番、13番と330ヤード級の1Wショットをフェアウェイに置き、連続パーと出だしはスムーズだった。

つまずいたのは14番(パー3)。タイミング悪く、スイング中に隣のホールから1Wのインパクト音が響いてきた。「それに惑わされているようじゃいけないと思う」と唇をかんだが、このショットはグリーン手前バンカーのあごに突き刺さり、2打目も大きくグリーンオーバー。1.5mを外してダブルボギーとした。

続く15番も、左ラフからの2打目がグリーン手前に大きくショート。「なんで飛んでいないのか、はっきりと分からなかった」とアイアンの距離感に惑わされ、アプローチも寄せきれずにボギーとした。

後半2番で8m、3番で2mを沈めて連続バーディとするなど、「悪いパットはそんなになかった」とグリーン上のプレーには及第点を与えたが、同組で「64」を出して首位に立ったマット・クーチャーとは、ストローク・ゲインド・パッティング(パットのスコア貢献度)だけで4打差以上を付けられた。

「そんなに直すところはない。もう少しかなっていう感じ」と総括。伸ばすためにはどうすれば?という質問には、「それが分かっていれば、きょうもスコアが出ていると思います」と、もどかしさもにじませた。(カリフォルニア州パシフィックパリセーズ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ジェネシス招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。