ニュース

米国男子ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ファーマーズインシュランスオープン
期間:01/23〜01/26 場所:トーリーパインズGC(サウス)(カリフォルニア州)

ホールアウト後に知った悲劇 ウッズはコービーの死に「信じられない」

◇米国男子◇ファーマーズインシュランスオープン 最終日(26日)◇トーリーパインズGC(カリフォルニア州)◇サウスコース(7765yd、パー72)

タイガー・ウッズがその悲劇を知ったのは、最終18番を終えたあとだった。この日の朝、元NBAロサンゼルス・レイカーズのレジェンドプレーヤー、コービー・ブライアント氏を乗せたヘリコプターが墜落し、乗客全9人が死亡した。

キャディのジョー・ラカバは、ラウンドへの影響を懸念して、ウッズにこのことを伝えていなかった。「なぜギャラリーたちが、『マンバのために頑張れ!』(※ブライアント氏のニックネームはブラックマンバ)って言っているのか理解できなかった。18番グリーンから降りるときにジョエイ(ジョー)から聞いたんだ。彼がもういないという現実が信じられない」とうつむいた。

ウッズは幼少期からレイカーズの大ファンだった。ブライアント氏の現役時代、ウッズがカリフォルニアに住んでいた頃は、一緒にトレーニングをしたこともあったという。フロリダに拠点を移してからも、折に触れて連絡を取り合っていた。

「われわれは、より精神的につながっていた。彼は細かい部分、小さなことに注意を払っていた。夏のオフシーズンにジムで過ごす時間、ショットや数々の練習。試合中の彼の動きは自然にできるように見えたけど、それ以上の時間、彼は映像を見て、なにが良くなるためにベストの道なのかを考えていた。その点でとてもよく似ていた」

41歳の若さでこの世を去ったブライアント氏。ヘリコプターには、まだ13歳だった娘のジアナさんも同乗していた。「人生がとても儚いものだということは、みんな知っている。いつ消えてしまうかわからないし、生きている瞬間に感謝しないといけない。いま、彼の家族たちがどんな想いを抱いているか、想像すらできないよ」と、ウッズは沈痛な面持ちで語った。(カリフォルニア州ラ・ホヤ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ファーマーズインシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。