ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 プレジデンツカップ
期間:12/12〜12/15 ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

ウッズ組と演じた好勝負 松山英樹の一貫した戦略からにじむ入念な準備

2019/12/13 18:36


◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 2日目(13日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71)

一進一退の好勝負は、最終18番の劇的なバーディ決着で幕を閉じた。タイガー・ウッズジャスティン・トーマスの咆哮を見届けた松山英樹は「最初は獲られて、(獲り返して)うまく途中まではいったんですけど、なかなか(相手が)粘り強いというところで、僕たちもポイントをあげることができなくて残念ですけど…」と悔しさをにじませた。

フォアサム(1つのボールを交互に打ち、1ホールごとのスコアを競う)で組んだアン・ビョンフン(韓国)との初コンビは、事前の練習ラウンド通り偶数ホールのティショットを担当。松山はトーマス、アンはウッズと打ち合う形となった。スタートから4ホールで2ダウンという劣勢も、松山が相手のグリーン上のプレーに重圧をかけて巻き返した。6番で2.5mのバーディパットを先に沈めて力強く拳を握ると、トーマスが1.5mを外して反撃開始。7番もトーマスが2打目でグリーンを外した直後、すかさず3m弱に絡めてタイに戻す。8番もグリーンの左手前からアプローチをしっかり寄せてOKパー。ウッズがパーパットを決められず、一気にリードを奪った。

ホールごとに異なるボールを使用可能なフォーマット。グリーンを狙う2打目を担当する選手の使用メーカー球に合わせる戦略もあるが、初出場のアンへの配慮か、ボールは一貫して松山が普段使わないタイトリスト製で通した。15番(パー5)では残り251ydから2オンに成功するなど、要所で持ち味のショット力を発揮。入念な準備をうかがわせた。

18番、5mのバーディパットを待つトーマスの前に打ったバーディパットは、わずかにカップをそれた。大会2度目の対戦となったウッズ相手に初勝利はならなかった。「あすに切り替えて頑張りたい」。悔しさを晴らす次のマッチが、すぐに始まる。(オーストラリア・メルボルン/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。