ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 プレジデンツカップ
期間:12/12〜12/15 ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

ウッズは選手で白星 主将で劣勢スタート「シナリオのひとつ」

◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 初日(12日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71)

プレジデンツカップの歴史でもっとも若い43歳の主将は苦しい船出となった。米国選抜のタイガー・ウッズは選手としてチーム唯一の白星を挙げた一方、主将としては1-4とビハインドを背負った。

ジャスティン・トーマスとのペアでマーク・レイシュマン(オーストラリア)&ホアキン・ニーマン(チリ)組を序盤から圧倒した。1番で1Wショットをグリーン手前まで飛ばし、2打目を80cmに寄せるバーディでまず1アップ。2番もバーディでリードをひろげると、15番までに6バーディを量産。「JT(トーマス)とのコンビでいいスタートが切れた」。自ら決めていたという先鋒起用がはまった。

朝の練習場で副主将のスティーブ・ストリッカーに”譲った”主将の役目を果たすべく、自身のマッチ後はインカムを付けて仲間の試合を鼓舞して回ったが、ことごとく劣勢をはね返せなかった。ラウンドを終えて世界選抜にリードを許すのは2005年以来だが、2日目のフォアサム(1つのボールを交互に打ち、1ホールごとのスコアを競う)のダブルス5マッチも3組はペアを変えない。「いくつかのオプションがある。これはシナリオのひとつだ」と静かに総括した。(オーストラリア・メルボルン/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。