ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 プレジデンツカップ
期間:12/12〜12/15 ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

過去最多「9」の国と地域が集う世界選抜 松山英樹の自覚

2019/12/11 17:30


◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 事前(11日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71)

オーストラリア、南アフリカ、日本、韓国、メキシコ、カナダ、チリ、台湾、中国…。今回の世界選抜は「9」の国と地域出身の選手で構成される。13回目を迎える大会で最多記録を更新。インターナショナルの名が示す通り、バラエティに富んだ布陣になった。

12人中7人が初出場。アブラム・アンセル(メキシコ)、パン・チェンツェン(台湾)、李昊桐(中国)は、それぞれの国と地域から初めて代表入りした。キャプテンを務めるアーニー・エルスの母国でもあり、これまでチームの中核を担ってきた南アフリカ勢はルイ・ウーストハイゼンだけ。これも南アフリカからの代表がエルスだけだった1998年大会以来2回目のレアケースだ。

そんな多彩な顔触れとともに4回目の出場となる松山英樹は「それはあるんじゃないかなと思う」と各国のレベルの底上げを実感している様子。さらに「その中で4回選ばれてきたのは、すごくうれしい。これから先、何歳までゴルフをやるかわからないけど、ずっと選ばれるように頑張りたい」と、第一線で戦い続ける決意を新たにした。

世界選抜でおなじみとなった松山も、6年前の初陣を振り返れば苦笑いが漏れる。「全然、何をしたらいいかわからなかった」。だからこそ「僕は言葉(英語)ができないけど、できないなりにやれることは何かあると思う。少しでもいい雰囲気をつくれるよう、困っているときに手を差し伸べるようなことができれば」と、初出場の7人に寄り添う思いを口にする。

開幕前日は、その1人でもあるパンとインコースを回った。エルスの運転するカートで移動しながら、それぞれのボールを打って最終調整。フォアボール(各選手が個人のボールを打ち、1ホールごとにペアで良い方のスコアを採用する)のダブルス戦となる初日は、パンとのペアでウェブ・シンプソン&パトリック・リード組と相対する。(オーストラリア・メルボルン/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。