ニュース

米国男子ZOZOチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

ぶっ飛び20歳 マシュー・ウルフは3年前に来日していた

◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ 事前(23日)◇アコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ◇7041yd(パー70)

「この大会のチケットが完売したことを聞いた。現地の人々のサポートに本当に歓迎されているように感じる。(練習日だった)きのうは来ていなくて、今日が僕の“ファーストデー”になるんだけど、本当に日本のいい話しか聞かない。良い週になる気がする」と目を輝かせるのは、開幕前日の23日に行われたプロアマ戦に出場した20歳のマシュー・ウルフ

タイガー・ウッズロリー・マキロイジャスティン・トーマス…と第一線で活躍するビッグネームたちが会場を賑わせるが、ウルフもまた人々の目を集める名前の一人だ。ことし6月にプロ転向して間もなく、米ツアー「3Mオープン」(7月)でブライソン・デシャンボーを振り切り、劇的な逆転優勝を飾った。

独特のスイングでも注目のウルフが初来日したのは3年前の2016年だった。当時17歳。愛知県豊田市で開催された国別対抗戦「トヨタジュニアワールドカップ」に米国代表として出場した。「ゴルフ場に人、文化、食事と違うものに触れて、ずっとアメリカでゴルフをしてきた僕にとって、特別な経験になった。また戻ってくることができて興奮する」と感慨深く振り返った。

自身の強みをドライバーというウルフは「ショートホールがタフで、グリーンも軟らかい。アンダーパーだったらいいスコアだと思うよ」とコースに関して率直な感想を漏らした。プロとして舞い戻ってきた彼に、次世代への期待が大きく膨らむ。(千葉県印西市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ZOZOチャンピオンシップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。