ニュース

米国男子ZOZOチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

プロアマ戦でアルバトロス達成の石川遼「ゴルフの力で千葉を元気に」

2019/10/23 18:08


◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ 事前(23日)◇アコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ◇7041yd(パー70)

石川遼がプロアマ戦で自身初のアルバトロスを達成した。インコース10番から出て、562ydの18番(パー5)での2打目。残り261ydを3Wで放つと、ボールはピン手前3mに着弾しそのままカップに吸い込まれた。打った場所からカップインは見えず、グリーンまで行って気がついた。「まさかこんな週にできるとは思わなかったのでうれしいですね」と喜びを表した。

初めてプレーしたコースについて、「アウトはパー3が3つあるのでヤーデージは短いですけど、全体的には長く感じます。パー3と長いパー4の落差が結構あるというか、そこは面白いなと思いましたし、林間でこれだけ池が絡んでくるというのは珍しいなと思いました」と印象を語った。

「きょうアルバトロスがあった分の3アンダーだったんですけど、あれが入っていなくてイーグルだったとしても2アンダー。伸びる人だったら6アンダーとか出るかなという印象。ラフはカットが短いですけど、ボールが沈みやすいし、フライヤーするしグリーンも硬くて止まりにくい。フェアなセッティングだと思います」

会場のある千葉県は台風15号と台風19号により甚大な被害を受けた。「まだまだ被害に遭って、苦しんでいる方もいるでしょうし、上手くいかないことがたくさんある現状。そういった中でこの大会を開催できる意義というか、世界最高峰のツアーが来るということはすごいこと。ゴルフの力で元気になってもらえる人がいればいいなと思います。スポーツの力というのはそういうところだと思うので全力でやるだけです」と意気込んだ。(千葉県印西市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ZOZOチャンピオンシップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。