ニュース

米国男子BMW選手権の最新ゴルフニュースをお届け

ウッズはショートゲームミスで出遅れ50位 相棒は“キャディ殿堂”に

◇米国男子◇BMW選手権 初日(15日)◇メダイナCC(イリノイ州)◇7613yd(パー72)

フェデックスカップポイントランキング38位のタイガー・ウッズは1アンダーの50位タイ(出場69人)と出遅れた。腰回りの故障で前週の「ザ・ノーザントラスト」で途中棄権、前日のプロアマ戦は後半9ホールで長いショットを打たずに調整。18ホールを回りきったが、今大会がシーズンラストゲームとなるピンチを抜け出せずにいる。

1999年と2006年の「全米プロ」で優勝したメダイナCC。1番で2打目をピンそば1mにつけるなど開始3ホールで2バーディを奪いながら、アイアンショット以降が振るわなかった。7ホールでパーオンに失敗。それ以上にウッズは「きょうはグリーン周りからのミスが本当に多かったチップもダメ、パットも決まらなくちゃ、結果的に1アンダーで終わってしまう」とショートゲームの不出来を嘆いた。

不安視された体の状態は「ポジティブだ」という。「わき腹の硬さも感じなかった」。日々、患部のケアに取り組みながら、現在はスイングに修正を加えている最中。「プレーンを少し変えようと、オーガスタ(マスターズ)の時のような感じに戻そうとしている」とフェデックスカップポイントランキング38位で迎えたプレーオフ第2戦で試行錯誤している。

専属キャディを務めるジョー・ラカバが今週、ウェスタンゴルフ協会が主催する“キャディ殿堂”入りを決めた。かつてフレッド・カプルスダスティン・ジョンソンらのバッグを担ぎ、2011年からタッグを組んできた相棒を、ウッズは「彼は30年(キャディの)仕事をしてきた。まさにそれが彼の人生だ」と誇る。残りは54ホールもあきらめるわけにはいかない。(イリノイ州メダイナ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 BMW選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。