ニュース

米国女子ISPS HANDA オーストラリア女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

“ガッツパー”で締めくくり 原英莉花の米ツアー初ラウンドは「70」

2019/02/14 17:59


◇米国女子◇ISPSハンダ オーストラリア女子オープン 初日(14日)◇ザ・グランジGC (オーストラリア)◇6648yd(パー72)

初めての米ツアーは「久しぶりに緊張しました」と原英莉花。「でも、ウキウキして心臓が上にある感じ」と、出だしの1番ホールをパーで切り抜けて以降、はつらつとプレーし、3バーディ、1ボギーの2アンダー「70」とした。最終ホールは5mのパーパットをねじ込んで力強いガッツポーズ。17位スタートに「上出来だと思います」と笑顔を見せた。

午前スタートのこの日、練習ラウンドで吹きつけた強風は鳴りを潜め、穏やかなコンディションとなった。3番でバーディを先行させると、4番こそエッジから3パットのボギーとしたが、「バンカーショットの調子がいいので、2打目にプレッシャーが掛からずに打てている」と、以降はノーボギーで2つのバーディを追加した。

今週は3本のサンドウェッジを持ち込んでいる。以前はヘッドの重い「D7」バランスを使っていたが、今回は昨年末から使い始めた「D3」をチョイスした。それでも、米ツアーの選手たちを見ていると、まだ違いがある。「私は上からたたいてしまうので、1バウンド目が(前に)行ってしまう。こっちの選手は『シャッ』って(払うように)打ってダウンヒルでも止めている。100yd以内で止められるショットを打ちたいので、そこは気になりましたね」と、ラウンド中も技を盗もうと目を光らせている。

米ツアーのデビュー初日の結果としては満足だ。「あすにつながった1日かなと思う。明日も頑張りたいですね」とうなずいた。一方で、初めての米ツアーで驚いたこともある。「一緒に回っている人の足が長くて、背が高い!びっくりしました(笑)」と、身長173センチの原ですら、欧米人の体格の良さには目を見張っていた。(オーストラリア・グランジ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ISPS HANDA オーストラリア女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには中山綾香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。