ニュース

米国女子米国女子Qシリーズ(1週目)の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 米国女子Qシリーズ(1週目)
期間:12/02〜12/05 場所:マグノリアグローブ(アラバマ州)

渋野日向子は猛チャージ“66” 応援団引き連れ「ドキドキに勝てた」

2021/12/05 09:37


◇米国女子◇Qシリーズ 3日目(4日)◇マグノリアグローブ(アラバマ州)◇クロッシングズコース6664yd(パー72)、フォールズコース6643yd(パー71)

静寂の予選会会場にあって、渋野日向子の組には20人を超えるギャラリーがついて歩いた。日本からのファンも含めた“応援団”。7バーディ、1ボギーでこの日のベストスコアに並ぶ「66」をマークし、「(応援が)ムチャクチャ力になりました。(予選会なのに)“試合感”があるって言ったらあれですけど、面白いなと思いながら回ってました(笑)。ホントにありがとうございます!」と感謝を口にした。

<< 下に続く >>

2週目進出圏外の72位スタートで1番からボギーを先行した。2打目のクラブ選択に迷い、2度持ち替えた後でダフって左のバンカーに落とした。「7番(アイアン)を持って大丈夫かな…と思いながら打ったところがあった。その後も迷うところはあったんですけど、割り切って打てた感はありました」と引きずらなかった。

不穏な出足をはね返す原動力となったのがパッティング。まず3番で獲り返し、8番(パー3)と9番の連続バーディは難しいラインを沈めた。ラウンドを通して滑らかなストロークで打ち出しが安定。「そうなるように努力してます」と笑わせ、修正ポイントを明かした。「2、3mくらいを初日は引っかけて…というのが多かった。距離を合わせにいくのにストロークのテンポが遅くなっちゃっていたかなというのがあって、なるべくスムーズに打てたらいいな、と。そうしたら“ええ感じ”になってきた」

グリーン上のパフォーマンスがさえれば、初日から手応えをにじませていたショットも生きてくる。後半12番から2連続バーディを奪うと、15番は残り138ydから7Iで80㎝に絡めるスーパーショット。続く16番(パー5)も7Wで2オンに成功して再びの2連続とした。前日ダブルボギー、ボギーとスコアを落とした上がり2ホールも2パットのパーで乗り切った。

2オーバーからトータル4アンダーまで伸ばし、25位に浮上。ラウンド中、コース内で唯一貼りだされているカットラインは通算1オーバーだっただけに、「『1かよ!』みたいな(笑)。ドキドキしながら回ってましたけど、なんとかそのドキドキに勝てたかな。それでも(まだ)ちょっと怖いけど、なんとか上を見られるように頑張りたいです」。ラウンド後の練習を終えると、駆けつけてくれたファン一人一人のサインや写真撮影のリクエストに応えた。期待を力に、もっともっと上を目指す。(アラバマ州モービル/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 米国女子Qシリーズ(1週目)




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには小林瑞季プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!