ニュース

米国女子KPMG全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権
期間:06/24〜06/27 場所:アトランタアスレチッククラブ(ジョージア州)

気負い過ぎも?渋野日向子は出遅れ「何ホールも手が震えていた」

2021/06/25 11:43


◇米国女子メジャー◇KPMG全米女子プロゴルフ選手権 初日(24日)◇アトランタアスレチッククラブ・ハイランズC(ジョージア州)◇6831yd(パー72)

「やっぱりちょっと緊張しました。もうずっと何ホールも手が震えて、ティショットも力むし、スイングも速くなって…。前半はずっとそんな感じでした」と明かした渋野日向子。3カ月に及ぶ米ツアー参戦の総決算となるメジャー大会への思いは強く、1バーディ、5ボギーの4オーバー93位発進は、笑顔の裏に無念さをにじませた。

<< 下に続く >>

直近のメジャー2試合はいずれも予選落ち。「3カ月の最後だし、予選を通りたいっていう気持ちも強いからこそなのかな…。全米オープンより緊張していました」と渋野は言う。朝の練習場では「めちゃくちゃ良かった」というショットも、コースに出るとピンを狙うショットは左へ曲がる傾向が強く出た。一方で、ティショットは飛び過ぎて想定していないフェアウェイバンカーにつかまるなど、普段とは違うショットに困惑した。

アリヤ・ジュタヌガン(タイ)、クリスティ・カーと同組で、フェアウェイキープは57.1%(8/14)に低迷し、パーオン率は66.7%(12/18)。パーオンを逃した6ホールのうち4ホールでボギーとし、もう1つは3パット。「どうにもならなかったというか、ショットがすごく曲がって、すべてにおいて残念だった」と落胆を隠せない。カットラインは上位70位タイまでで、現時点で2オーバーが63位。週末に向けて、2日目はパープレーより良いスコアが必要となりそうだ。

それでも、前日の夕方に感触をつかんだというパッティングが光明だ。「昨日、2年前の調子が良かったときは、構えてから(グリップをターゲット方向に向ける)フォワードプレスをしていたなって話になって。やってみたら転がりが良くなって、入らなかったけど、今日も感触はすごく良かった」と手応えは続いている。

「パットが入ってくれればスコアにもつながると思うので、そこに期待しつつ。あとはショットをもう少し、攻めるところは攻めて、割り切るところは割り切るっていうゴルフができるように頑張りたい」

午後2時前スタートの初日から、あすは午前8時38分がティタイム。「あしたはなによりも眠気が勝っていると思う(笑)。ぼーっとしている感じでいけるので、逆に良いんじゃないかな」と、もどかしい1日も最後は笑いで締めくくった。(ジョージア州ジョンズクリーク/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには西畑萌香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!