ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米女子オープン
期間:06/03〜06/06 場所:オリンピッククラブ(レイクコース)(カリフォルニア州)

笹生優花と畑岡奈紗 “激闘の1週間”を写真とコメントで振り返る

◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 最終日(6日)◇オリンピッククラブ(レイクコース) (カリフォルニア州)◇6457yd(パー71)

笹生優花がプレーオフで畑岡奈紗に競り勝ち、大会最年少に並ぶ19歳11カ月17日で「全米女子オープン」を制した。史上初の日本人同士のプレーオフまで、1週間を戦い抜いた2人を写真とコメントで振り返った。

<< 下に続く >>

開幕前日 笹生優花「出られるだけで、すごくうれしい」

同い年のアマチュア、アネカ・ソーマヌタファとリラックスした雰囲気で18ホールをラウンド。「出られるだけで、すごくうれしい。(結果より)経験とか楽しむ方に気持ちが行っています」と語った。

開幕前日 畑岡奈紗「これくらいなら上に行ける」

「これくらいの調子なら上に行けると思っているので、そこを崩さないようにだけ、していきたいです」と明るい表情で大会への抱負を語った。

初日 笹生優花 パター好調で2アンダー発進

前回大会は初日5位の好スタートを切ったが、今年も2アンダー6位と好調な滑り出し。「パターがちょこちょこ入ってくれました」と好スコアの要因を分析した。

初日 畑岡奈紗「うまく流れをつかめなかった」

前半を終えて3アンダーまで伸ばしたが、後半は「うまく流れをつかめなかった」と4ボギーとスコアを落として、1オーバー26位。首位と5打差で初日を終えた。

2日目 笹生優花 単独首位に浮上「残り2日もこんな感じでできたら」

2日間のフェアウェイキープ率は50%で全体123位としながらも、深いラフをものともしないショットと、平均1.47のパットがさえわたり「残り2日もこんな感じでできたらいい」と話した。

2日目 畑岡奈紗 「69」で5打差9位へ浮上

「ショットとパットのかみ合わせがすごく良かった」と7バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「69」で通算1アンダーとし、首位の笹生とは5打差9位で週末へ。

3日目 笹生優花 「パターがなかなか思うようにいかなかった」

「パターがなかなか思うようにいかなかった」と4バーディ、4ボギーの「71」。首位の座はこの日「66」で回ったレキシー・トンプソンに譲った。

3日目 畑岡奈紗「まだチャンスがある」

立ち上がりを3連続ボギーとしながらも中盤にバーディを奪い返し、4バーディ、4ボギーの「71」。通算1アンダーに踏みとどまり、首位と6打差6位につけ「まだチャンスがある」と前を向いた。

4日目 笹生優花 3バーディ、1ボギー2ダブルボギーの「73」

序盤に連続ダブルボギーを喫しながらも「キャディがずっと私を励ましてくれて、それが力になった」と3バーディ、1ボギー2ダブルボギーの「73」でプレーして踏みとどまった。

4日目 畑岡奈紗 3アンダー「68」でプレーオフへ

序盤にダブルボギーをたたきながらも後半に巻き返し、3アンダー「68」で通算4アンダーとしてクラブハウスリーダーとなって、プレーオフに持ち込んだ。

史上初・日本人同士のプレーオフ決戦

プレーオフ3ホール目で笹生がバーディを奪い、競り勝った。「優勝できるなんて信じられない」と喜びを表現し、涙を流した。一方、畑岡は「6打差あったのをプレーオフまで進めたのは良かった」と評価し、悔しさを飲み込んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには平井亜実プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!