ニュース

米国女子ANAインスピレーションの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ANAインスピレーション
期間:04/01〜04/04 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

ティショット0発で練習ラウンド6時間 渋野日向子は“予習”徹底

2021/04/01 08:45


◇米国女子メジャー◇ANAインスピレーション 事前(31日)◇ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)◇6763yd(パー72)

開幕を2日後に控えていた30日(火)。渋野日向子は6時間に及ぶ練習ラウンドで、ティショットを1球も打たなかった。ティイングエリアでは「ラフに入れても、5ydまでなら木が邪魔にならない」といったロケーションを入念に確認して歩き出す。ピンまで残り100yd以内に入ると、想定されるピン位置に対してウェッジショットのキャリーとどれだけ転がったか、ひたすらデータを蓄積した。

<< 下に続く >>

長いクラブを振れば、どうしてもスイングへの意識が出るもの。「打たずにいろんなところを見て歩くと、また違うものが見えてきたりする」。まず情報収集に100%を費やしてから“普通”に回って最終調整する。「ティショットでどこを向くとか先に決めておいたら、風によってちょっと変えるだけなので。パッと決めやすい」。この日インからプレーした18ホールは“予習”をなぞるような作業でもある。

スイング、セッティングとあらゆる変化を恐れず、貪欲に新たなトライを続ける過程の今季メジャー初戦。9月開催だった昨年に続く出場だが、「こんなに難しかったかなという印象。ラフが長くてメッチャ難しい。グリーン周りもフェアウェイの横も『納豆か!』ってくらい粘っこい」と苦笑しながらタフな戦いへの覚悟をにじませる。

ノンメンバーでもポイントを積み上げれば、Qスクール上位通過以上のステータスを獲得できる新たなシステムへの色気ものぞかせつつ、「いま焦ってしまったら、元通りになる。その中で結果を残したい気持ちもある。いまの自分は4日間戦うことが大事。そこにフォーカスする」と足元を見つめた。

優勝者のダイブが恒例となっている18番グリーン脇の通称“ポピーポンド”について聞かれ、「泳げないんで、飛び込むのはちょっと…」と笑わせるサービス精神は相変わらず。ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、ハンナ・グリーン(オーストラリア)とメジャー覇者がそろう予選ラウンドについても、「この会場にメジャーチャンピオンはいっぱいいる。私は“一般ピーポー”だから。初心に戻って戦います」と渋野らしい意気込みを口にした。(カリフォルニア州ランチョミラージュ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ANAインスピレーション




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには石井理緒プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!