ニュース

米国女子ISPS HANDA オーストラリア女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ISPS HANDA オーストラリア女子オープン
期間:02/13〜02/16 場所:ロイヤルアデレードGC(オーストラリア)

原英莉花「失うものは何もない」 元世界トップも評価

2020/02/15 17:06


◇米国女子◇ISPS HANDA オーストラリア女子オープン 3日目(15日)◇ロイヤルアデレードGC(オーストラリア)◇6689yd(パー73)

21歳の誕生日に「72」で回った原英莉花は「中々かみ合わなくてフラストレーションが溜まるラウンドになったんですけど、最後にパーセーブが出来て、あしたにつながったかな」と前向きに振り返る。中盤に失速しかけたが41位から通算4アンダーの31位に浮上した。

鬼門は初日同様2連続ボギーとした高難度の後半13、14番。12番までに2つ伸ばしていただけに「しっかり(13、14番を)パーをセーブできるように頑張らないとアンダーは出てこない。キーポイント」と反省した。

オフの下半身トレーニングで1Wが安定し、3日間の平均飛距離は265yd。同組で元世界ランキング1位(メジャー2勝、ツアー20勝)の42歳クリスティ・カーも「球は飛ぶ。あとはコースマネジメントだと思う。だからポテンシャルは高い」と評価した。

原は「マネジメントミスが目立った。そこは気持ちをおさえないとダメ」とさらなる反省点を挙げる。フェアウェイから第2打を打った2ホールでボギーとし「イージーボギーを打っている。もったいないですよね」と悔やんだ。

前年大会2日目に「79」と崩れて、17位から予選落ち。ほろ苦い思い出として残る米ツアーデビュー戦も一つの糧に昨季の活躍につなげた。「(21歳の目標は)怪我をしないですかね」と笑いつつ、「失うものは何もない。どんどん攻めてバーディを獲りたいと思います」と気を引き締めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ISPS HANDA オーストラリア女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!