ニュース

米国女子ゲインブリッジLPGA at ボカ・リオの最新ゴルフニュースをお届け

ツアー初V視野 M.サーストレムってどんな選手?

◇米国女子◇ゲインブリッジLPGA at ボカ・リオ 3日目(25日)◇ボカ・リオGC (フロリダ州)◇6701yd(パー72)

単独首位で最終日を迎えるのはマデレーネ・サーストレム(スウェーデン)。第2ラウンドでは11バーディ(1ボギー)を奪って初日27位から首位に浮上。さらに第3ラウンドを5バーディ、ボギーなしの「67」と勢いが止まらない。

スウェーデン・エンシェーピング生まれ。初めてゴルフをプレーしたのは9歳の時で、場所は父親の友人の農場だったという。米ルイジアナ州立大学ゴルフ部時代の2015年にSEC(サウスイースタン・カンファレンス)プレーヤーズオブザイヤーを獲得。同年にプロ転向した。翌16年には米女子下部ツアー「シメトラツアー」で3勝を飾り、最優秀選手賞(プレーヤー・オブ・ザ・イヤー)と新人賞(ルーキー・オブ・ザ・イヤー)に輝いた。17年から参戦した米女子ツアーは19年5月「ピュアシルク選手権」の2位が最高。

大学時代に心理学を専攻した27歳は、「(第3ラウンドは)完璧なプレーではなかったけど、『62』を出せた。今日も完璧なプレーではなかったけど『67』だった」と振り返り、ツアー初優勝をかけ、「シメトラ(ツアー)でも何度かこういう状況があった。同じゲームプランを維持するだけです」と話した。

最終ラウンドは前週「ダイヤモンドリゾート トーナメントofチャンピオンズ」をプレーオフの末に2位で終えた畑岡奈紗と最終組でプレーする。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ゲインブリッジLPGA at ボカ・リオ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。