ニュース

国内シニア富士フイルム シニア チャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

今季2勝目のウィラチャン 1万4000円の中古1Wで1000倍の賞金ゲット

◇国内シニア◇富士フイルム選手権 最終日(9日)◇江戸崎カントリー倶楽部(茨城)◇7070yd(パー72)

2位に4打差をつけて単独首位から出たタワン・ウィラチャン(タイ)が、大会記録を更新する通算16アンダー(※)で、9月「コマツオープン」に続く今季2勝目を挙げた。

前半3番、上って下るラインのロングパットを読み切ってバーディを先行させた。5番でボギーをたたいたが、7、8番で連続バーディ。いずれも「パター1本分(約85㎝)」の距離を決めた。後半10、15番では「ドライバー1本分(約1m強)」のパットをカップイン。5バーディ、1ボギーの「68」でプレーした。

2位に6打差をつけての圧勝に「ラッキーでした」と微笑みの国のウィラチャン。実は、今大会前、「ドライバーは調子があまり良くなくてフェースを変えた。使っても違反にならないか、PGAの検査待ちです」と、慣れ親しんだクラブを一時手放すことになったという。そこで、「日本の中古ショップで手に入れた」のが、1万4000円のテーラーメイド M2 ドライバーだった。

特にクラブを決めずに店を訪れ、「あ、使ってみたい」と見た目だけで手にして「10球だけ練習場で打ちました」。出たとこ勝負の1Wが奏功し、見事に勝利を引き寄せた。

クラブ代金の1000倍となる優勝賞金1400万円を手にして、「(次週も1Wは)調子が良いので使う予定ですけど、明日(10日)もゴルフショップを見に行こうかな(笑)」とおどけた。

今大会を終えて、今季の獲得賞金ランキングはプラヤド・マークセン(タイ)に次ぐ2位。その差を約50万円と縮めたが、「賞金は気にせず、1試合1試合ベストを尽くしたい。来週、再来週となると寒くなってくる。寒いのは苦手なので、いいプレーできるか分からない」と謙虚な姿勢を貫いた。

ウィラチャンとマークセンは同じ1966年生まれ。「尊敬はしているけど、友達って感じ。良いライバルでもあり、良い友人関係」。初の賞金王奪取へ向け、レギュラーツアー出場で不在となる好敵手から刺激をもらう。(茨城県稲敷市/石井操)

※これまでの記録は2008年大会(平川CC/千葉)の渡辺司と14年大会(ザ・カントリークラブ・ジャパン/千葉)の室田淳がマークした通算14アンダー(202)。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 富士フイルム シニア チャンピオンシップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。