ニュース

国内女子ほけんの窓口レディースの最新ゴルフニュースをお届け

アン・ソンジュが6試合ぶりに復帰も「完走は微妙」

◇国内女子◇ほけんの窓口レディース 事前(16日)◇福岡カンツリー倶楽部和白コース(福岡県)◇6292yd(パー72)

昨季5勝を挙げ賞金女王に輝いたアン・ソンジュ(韓国)が、2位で終えた4月の「ヤマハレディースオープン葛城」以来6試合ぶりに復帰する。同大会を終えた後、韓国で頸椎(けいつい)ヘルニアの内視鏡手術を受けるため帰国していた。

前日は「怖くて寝られなかった」という3時間にわたる手術は成功に終わったが、術後の痛みが取れず、当初2週後(フジサンケイレディス)を予定していた復帰時期はずれ込んだ。

2週前の「パナソニックオープンレディース」では、出たい気持ちをおさえられず、練習場まで足を運んだが「痛みでクラブを持てない状態だった」という。前週になりようやく「振れるようになってきた」と回復傾向にあるが、それでもフルスイングは5回が限度だった。

大会前日のこの日は、カートに乗ってプロアマ戦をプレーした。「焦って早く戻ってきちゃったかなと感じる部分もある」と表情はさえない。「左手にあんまり力が入らないので、かるく振っているように見えるかもしれないけど、思いっきり振っている」という。飛距離は本来の状態には遠く及ばず、得意としていたアイアンショットもスピンがかかりにくい。「硬い芝だと打つのが怖い」と弱音を吐いた。

万全の状態に戻るにはあと10日は必要とし「あした完走できるかどうかは今の段階だと微妙。予選通過は期待していない。36ホール回り切れたら十分。先も長いし、これからのゴルフ人生もあるので」。永久シード(30勝)まであと2勝。無理は禁物だ。(福岡県福岡市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ほけんの窓口レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。