ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

メジャーでツアー初V 渋野日向子の勝因は「笑顔」

2019/05/12 19:12


◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 最終日(12日)◇茨城GC東コース◇6560yd(パー72)

9159人のギャラリーの中、ペ・ソンウ(韓国)との一進一退の攻防で最後に笑ったのは20歳の渋野日向子だった。通算11アンダーの首位タイから出て、4バーディ、3ボギーの「71」でプレー。通算12アンダーとしてツアー初優勝をメジャーで飾り「生まれて一番うれしい」と喜びを表した。

「いつも通り」と心掛けたが、緊張は隠せなかった。出だし1番(パー5)でティショットを左に曲げ、ボギーを先行。続く2番(パー3)でピン右3mを沈め、取り返した。4番をボギーとし、次の5番で「寄せにいった」という10mを流し込んで、またもバウンスバックを決めた。

8番からも2連続バーディを奪って入ったバックナインも白熱。10番をボギーとし、11番をバーディとしたぺに再びリードを許した。今度は14番で林に入れボギーとしたぺに対し、2mをきっちり決めてパーセーブ。再び並んで、上り3ホールに突入した。

16番でぺが2打目を林に入れダブルボギーとし、2打リードして最終18番(パー5)へ。会心のティショットを放った渋野に対し、ぺが左のラフに入れて勝負あり。ウイニングパットを決めると「うれしさがこみあげてきた」と涙があふれた。

勝因を問われると「やっぱり笑顔じゃないですかね」と即答した。もともと「喜怒哀楽を出しちゃうタイプだった」という。「ミスをしてイライラし、それを出してしまうとボギーやダボにつながってしまう」と感情が表面化したときにスコアを崩す傾向があった。「それを気を付けているうちに、いつも笑顔でプレーできるようになっていった」と説明する。

賞金2400万円を手にし、賞金ランキングは2位に浮上した。6月末時点のランク5位以内に付与される8月の海外メジャー「AIG全英女子オープン」の出場権も見えてきたが「全英?え?そうなんですか?初耳です!出たいです」と目を輝かせた。

さらに3年シードも獲得した。「3年シード?本当ですか?やばい!うれしいです。なんかすごい試合で勝ってしまったんですね」とようやくメジャー勝利を実感した。

20歳178日での優勝は2015年チョン・インジ(韓国)の20歳273日を更新する大会史上最年少V。次なる目標を問われると「こんなに早く優勝できると思っていなかったんですけど、2勝、3勝できるように頑張っていけたらなと思います」と最高の笑顔を見せた。(茨城県つくばみらい市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。