ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

花粉症から解放された三浦桃香「いっぱい酸素が吸えてうれしい」

2019/04/26 20:05


◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 初日(26日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6376yd(パー71)

初優勝を目指す20歳の三浦桃香が4バーディ、3ボギーの「70」でプレー。1アンダー14位で初日を終え「(ホールインワンを達成した笠)りつ子さんとのラウンドで、すごくいい流れで回ることができた」と振り返った。

2番をボギーとしたが、3番、4番(パー5)でともに1mにつけバーディを奪った。「登りの逆目がどうしても打てなくて」と18番で10mから3パットボギーを喫し、「雨、重い、目、傾斜、全部あってグリーンが難しいです」と課題を残したが、いい位置で2日目を迎える。

「ほんとのことを言うと、去年の夏ぐらいから手が動かなかった」とラウンド後は長くパターに苦しんだことを吐露した。クロスハンドやクローグリップなど様々な握りを試した。オフには1日に6時間をパター練習に費やした時もあったが、結果は出なかった。

「腰を痛めるだけで、やる意味がない」と開き直り、練習を控えたところ症状が治まったという。「たくさんやったからって治るものじゃなかった」と以降はドリルを考え、短い時間に集中して練習した。

今大会では日本で初めて、高精細な映像の4Kで生中継が行われている。「4Kテレビに映りたいです。会場に試合を見に来られない人たちに『最近ゴルフやってる?』って言われるし、テレビに出ないと私が出ていることも分からないので、もっと頑張ろうと思った」という。「ちょっといま肌荒れ中なのでよく寝ます」とあすの生中継にも万全を期す。

3月のシーズン開幕から花粉症に悩まされ、マスク着用でプレーしてきたが「今週ないんですよ!初めて(鼻の)両穴から呼吸をしながらラウンドできます。いっぱい酸素が吸えてうれしい」と満面の笑顔を見せた。(静岡県伊東市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。