ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

新垣比菜が人生初のホールインワン

2019/03/16 18:34


◇国内女子◇ヨコハマタイヤPRGRレディス 2日目(16日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72)

20歳の新垣比菜が「プライベートを含め人生で初めて」というホールインワンを達成。「71」でプレーし、通算3アンダーとして首位と4打差の9位で2日目を終えた。

首位と3打差の11位タイから出て、スコアを伸ばせずハーフターン。もどかしい展開が続いた後、後半14番(パー3)でホールインワンを記録した。

右からの強い風が吹き抜ける、打ち下ろしの152yd。9Iで打つと、「狙ったところより右に行った」というボールは、風に乗ってピン手前5mに着弾し、そのままカップに吸い込まれた。「恥ずかしくて腰より上に手が上がらなくて」と普段は感情を表に出すタイプではないが、この時ばかりは「すごくうれしかった」と同組のエイミー・コガ岡山絵里らとハイタッチして喜んだ。

寝違えたことによる首痛で、開幕前日のプロアマ戦を欠場し針治療を受けた。痛みはまだ残っており、「右は向けるんですけど、左を向けない」という。普段通りのスイングはできない状態だが、それでも「先週も最終日はすごく良かったので、伸ばして上まで行けたらいいなという感じです」と表情は明るい。

前週は比嘉真美子がカップを掲げ、今週は大城さつきが1位で最終日を迎える。沖縄勢の勢いが目立つシーズン序盤戦。もうひとりの「ウチナーンチュ」が、昨年4月「サイバーエージェントレディス」以来の2勝目を目指す。(高知県香南市/柴田雄平)

関連リンク

2019年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには藤田光里プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。