ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

「ゴルフと一緒で早い」大山志保がオフにこなした炊事洗濯

2019/03/16 17:47


◇国内女子◇ヨコハマタイヤPRGRレディス 2日目(16日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72)

首位と5打差の29位タイから出たツアー18勝の大山志保が、1イーグル3バーディ、1ボギーの「68」でプレー。通算4アンダーとして、首位と3打差の5位に浮上した。あす最終日は好位置から昨年6月「ヨネックスレディス」以来の19勝目を狙う。

前半3番(パー5)と5番(パー3)をバーディとし、2つ伸ばして折り返すと、見せ場は後半16番でやってきた。「寄ったかなと思ったら入った」と残り87ydの2打目を52度のウェッジで直接カップイン。イーグルとし、高々と両手を上げた。続く17番(パー3)でも、8Iで手前1.5mにつけバーディ。18番で1.5mを外しボギーとし後味の悪いホールアウトとなったが、終わってみればリーダーボードを駆け上がっていた。

この日、土佐湾を望むシーサイドコースでは6.6mの北風が吹き抜けた。「風はもともと大好き」といい、今回のコースや、45位タイで終えた前週の開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の舞台・琉球GCも得意コースだ。「先週は大好きな風だったのに全然生かせなかった」とショットの調整不足を反省。「ショットとパットは大幅に調整中」だという。

「2カ月が10日もないように感じた」と充実したオフを過ごした。「体調の良くない母になるべく負担をかけたくない」という理由で、炊事洗濯もこなすようになったという。「ゴルフのプレーと同じで、はやいんですよ。ぱぱぱっとやっちゃう」とアピール。料理の味付けは完全に“感覚”だというが、餃子や生姜焼き、ステーキを作ると「家族は美味しいと言ってくれる」と満足げだ。

首や背中のケガとも戦う41歳。「気持ちは20代のつもりで戦っているので、弱音は吐けない」と練習量も8割程度に抑え、体をいたわりながら調整を続ける。「もっとうまくなりたいし、強くなりたい。2勝して節目の20勝を迎えたい」とさらなる高みを目指す。(高知県香南市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには中山綾香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。