ニュース

国内女子富士通レディースの最新ゴルフニュースをお届け

「ちょっと怖い」7戦連続予選落ち中の三浦桃香が2位発進

2018/10/12 18:25


◇国内女子◇富士通レディース 初日(12日)◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6675yd(パー72)

午前4時、眠い目をこすってベッドから起き上がった。「自信が無くて起きちゃった。ずっと練習した」。三浦桃香は宿舎を出発するまで、部屋でパターを振った。この日は28パットにとどめ「68」。7試合連続で予選落ち中の悪い流れを断ち切る2位タイ発進だ。

「先週からショットは良い」といずれも3m以内につけ、インスタートの前半に3バーディを奪った。最終9番もバーディ締めとし、14ラウンドぶりにアンダーパーを出した。ただ、後半5番からは4ホール続けて「入れ頃のパター」を打ち切れずにパーを並べた。改善し切らないパットに「(終盤は)ショートさせた。寄せにいこうというところじゃないのに」と不満な表情を浮かべた。

3週前の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」で1Wをキャロウェイのローグドライバーにかえ、その翌週のオープンウィークにショットを重点的に調整した。「すごく良くなった。フェアウェイにいくようになった」と手ごたえを得た。その反面、パットの悩みは一向に改善されず、「何をやっても良くなくて。かなり酷くて」。少しでも自信を取り戻すために50cmをカップに入れる練習を取り入れた。

今大会開幕前の9日(火)にはコースのパット練習場を訪れた。「パターだけをしていると腰が痛くなる」とアプローチやバンカーショットを挟みながら、計8時間の猛練習に励んだ。開幕前日のプロアマ戦では、ゲストからも「パターの調子悪いね」と言われる始末。結果の出ない日々に「ずっとめげていますよ。後半はパターが入らなかったし。きょうのラウンド中だって“ヤバい”って言いながら、めげていましたよ」と苦笑いした。

賞金ランキング78位と上位50位までのシード権確保は厳しい状況にある。この日の好スコアにも「自信はないですよ。ショットが良かったから。むしろちょっと怖い」と後ろ向きな言葉が並んだ。「ちゃんとやらないとマズいから」とパターを手に練習場に急いだ。(千葉市緑区/林洋平)

関連リンク

2018年 富士通レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~