ニュース

国内女子サマンサタバサレディースの最新ゴルフニュースをお届け

堀姉妹に奥さま組の比嘉真美子 “異色大会”の注目ペアリング

◇国内女子◇サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 事前情報(12日)◇イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)◇6588yd(パー72)

今年で7回目の開催となる「サマンサタバサレディース」は若い女性をターゲットにし、各日競技終了後にお笑いライブやファッションショーを行ってきた。昨年大会は1万5816人を集め、観客の女性比率は25%ほど。競技以外の注目もあり“異色の大会”とされるが、今年はホステスプロの堀奈津佳を妹の堀琴音とツアーで初めて同組にするなど試合のペアリングにも工夫を凝らした。

ペアリングは大会主催者や運営協力会社などの意向を受け、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)が承認する流れで決まる。今年は大会主催者が公式Facebookページでファンに組み合わせの要望を募った。前週の試合と同じ組にしないといった慣例はあるが、大会事務局長の畠山恩(はたけやま・めぐみ)さんは「多くの声をいただいて、組み合わせを作った」という。

第1組(午前7時30分)のホステスプロ・勝みなみは、昨年プロテストに合格した同期で親交の深い小倉ひまわり小祝さくらと同組。「サマンサタバサとウェア契約する勝さんに朝一でスタートしてもらう。あと仲良しということと、名前がすべて平仮名」(畠山さん)という点に着目した。堀姉妹は第5組(同8時10分)。同じくホステスプロの香妻琴乃はプレーオフ敗戦で2位になった2014年大会の最終日に同組で回った藤本麻子とのペアリングにした。

ホステスプロだけを考慮するのではなく、第9組(同8時50分)には今季平均飛距離1位の葭葉ルミ、2位の穴井詩の飛ばし屋。続く第10組(同9時)は若林舞衣子藤田さいきのミセス2人に大相撲の東前頭2枚目・勢関との婚約を発表した比嘉真美子を加え、「早速の“奥さまペア”です」(同)と話す。

「ファン目線で見たいと思う組み合わせにしたい。選手にもできる限り気持ち良く回ってもらえる組にしたかった」と畠山さん。柏原明日架は直前に欠場した昨年大会で同組のはずだった同郷で同学年の永峰咲希、日本ツアー初出場になるキム・ジヒョン2(韓国)は母国の先輩、申ジエキム・ヘリムとの組み合わせにした。(茨城県阿見町/林洋平)

関連リンク

2018年 サマンサタバサレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~