ニュース

国内女子KKT杯バンテリンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

「自分を信じれば結果はついてくる」 さくらは1打差2位タイで最終日へ

熊本県で開催されている「KKT杯バンテリンレディスオープン」2日目、首位を2打差で追いかける3位タイからスタートした横峯さくらが、4バーディ、3ボギーの「71」と伸ばし、一ノ瀬優希と並んで通算2アンダーの2位タイに順位を上げた。

この日は3番(パー3)で、ティショットをグリーン手前のバンカーに入れてしまい、アプローチで寄せきれず2パットでボギーが先行。7番ではティショットが左に抜けるミスでボギーとし後退してしまう。「アドレスの重心がかかと寄りだった」と、この7番でアドレスの違和感に気づき、すぐさま修正。その修正が奏功し、9番(パー5)ではバーディを奪って前半を折り返した。

雨の強さが増した後半では、「12番はセカンドがすごくいいショットだったけど、距離をオーバーしてしまった」と、パーオンできずにボギーとしたが、上がり3ホールでは4メートル、10メートルを次々と沈めて3連続バーディでフィニッシュ、連続予選通過記録を“90”とした。

「時は経ったけど、あの時のイメージは残っている」と初優勝の記録は今もなお記憶している。今大会は2005年にプロ初勝利を飾った縁深い大会とあり、同一大会2勝目も手にしたいところだ。今季は開幕戦、「ヤマハレディース」での優勝争いと、準備は整った。2011年6月の「リゾートトラストレディス」での優勝からまもなく2年が経とうとする今、「勝って当たり前のイメージ、そのプレッシャーから漸く今年は吹っ切れた」と足枷も外れた。

「最終組でのラウンドでプレッシャーを感じないのは無理。自分を信じてプレーすれば、結果はついてきてくれると思う」。約2年ぶりとなる勝利に向け、今季2度目の最終組で勝負に出る。(熊本県菊池郡/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 KKT杯バンテリンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。