ニュース

国内女子KKT杯バンテリンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

有村智恵の国内初戦は23位発進 地元ファンの声援に感謝

熊本県の熊本空港カントリークラブで19日(金)、国内女子ツアー「KKT杯バンテリンレディスオープン」が開幕。ホステスプロとして臨む有村智恵は初日、2バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「73」でラウンドし、1オーバーの23位タイとまずまずのスタートを切った。

この日9時33分に、不動裕理森田理香子とともにアウトコースをティオフした有村は、スタートホールで、2打目をピン奥2メートルにつけバーディ発進。しかし続く2番で早々に大きなピンチを迎えてしまう。ティショットを右サイドに置くも、2打目はグリーンに届かず手前のバンカーへ。リカバリーショットはグリーンをオーバーし、そのアプローチを約1メートルに寄せるが、ボギーパットはカップ際を舐めてダブルボギーとしてしまう。

前半は幾度とチャンスに付けるもバーディを奪えず、パーを重ねる我慢のゴルフが続いた。後半は13番でバーディを奪うが、「14番もチャンスだった。ゴルフの流れを断ち切らないように、そういう場面で決める必要があった」と反省。しかし、アンダーパーをマークしたのは僅かに8選手という難コンディション、さらには約1ヶ月のスイング調整の成果にも、「決して内容の悪いゴルフではなかった。この状況の中で自信を持って打てているので、噛み合ってくればうまくいく」と焦りはない。

今季、国内女子ツアーでの初戦に、「やっぱり国内(ツアー)は回りやすい」と、長くやってきた日本でのリズムが身に付いていることを改めて実感した初日。「パーを獲ったら拍手で迎えてくれる、たくさんの方がグリーンを囲んでくれる。こんなにありがたいことはないですね」と、久々の国内でのラウンドに感謝と勇気をもらったと笑顔を向ける。「明日も良いイメージを持ってやっていきたい」と追い上げを誓った有村。なによりもギャラリーの大きな声援が有村の力になる。(熊本県菊池郡/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 KKT杯バンテリンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。