ニュース

国内女子スタジオアリス女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

初優勝へ!首位と1打差で踏ん張る中村香織

2013/04/13 18:19


国内女子ツアー「スタジオアリス女子オープン」の初日に2アンダーをマークして、首位タイでスタートをきった中村香織が、2日目は3バーディ、3ボギーとスコアを伸ばすことは出来なかったが、首位とは1打差の通算2アンダー3位タイで最終日を迎えることになった。

スタートの1番で2オンに成功した中村は、前日も話していた課題にしている6メートルのバーディパットを決めて単独首位に浮上。しかし、続く2番で「風の読み違い」とミスショットが飛び出しボギーをたたいてしまう。さらに5番パー5でバーディを奪った直後もボギーにしてしまった。

後半に入ると10番パー5は3打目勝負と思ったが、ボールのライが悪く「難しいなと思ったら、やっぱりミスしてしまいました」と、2番に続きスコアの伸ばしたいパー5で2詰めのボギーをたたいた。

それでも、粘りのゴルフを続け14番では7メートルのバーディパットを決めてスタート時の2アンダーに戻した。最終18番はこの日最も難しいホールとなったが、ティショットで確実にフェアウェイをとらえたものの、2打目は残り200ヤード近く残してしまう。3番ウッドで振り抜いたボールは中村のイメージ通りに2オンに成功しパーセーブすることができた。

「今日はドライバーショットが良くなかったですね。自分のイメージでは、もっと悪いラウンドだったと思っていたので、パープレーで回れたのは良かった」。周囲もスコアを伸ばしていないことで、優勝のチャンスはまだ残っていることを確信。

「追われるよりも追いかけるほうが楽だし楽しい。1打差はあってないようなものだし、トップのおしりを虎視眈々と狙います。コースが難しいので、様子を見ながら守るところは守って、集中してやります」と、初日に芽生えた初勝利への強い意気込みは、衰えることなく最終日を迎える。(兵庫県三木市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 スタジオアリス女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。