ニュース

国内女子大東建託・いい部屋ネットレディスの最新ゴルフニュースをお届け

渋野日向子は北海道4戦目 米ツアーとの共通点「芝質は似ている」

2021/07/22 16:49


◇国内女子◇大東建託・いい部屋ネットレディス 初日(22日)◇滝のCC(北海道)◇6578yd(パー72)

国内復帰2戦目の渋野日向子は3バーディ、1ボギーの「70」でプレー。1つ伸ばして折り返し、後半4番(パー5)でバーディを奪った。5番でボギーをたたくも、続く6番(パー3)では8Iで2mにつけてバーディを決めてバウンスバック。渋野らしさを見せた。

<< 下に続く >>

「きょうみたいに安定したゴルフができていれば“予選落ちらへん”で戦うことは少なくなってくる。しっかりと考えて打つことができた。あす以降も焦らずにやっていければ」。連日30度超えが予想される今大会だが、「やっぱり風は冷たいので、日傘を差せばかなり楽でした」と笑顔で乗り切った。

北海道のコースは2年ぶり4戦目。1戦目が19年7月「ニッポンハムレディス」(桂ゴルフ倶楽部)で7位、同8月「北海道Meijiカップ」(札幌国際カントリークラブ 島松コース)が13位、同9月「ニトリレディス」(小樽カントリー倶楽部)が5位。北海道特有の洋芝も苦手意識はない。

「芝質とかは海外に似ている。米国で3カ月経験したので、ラフの粘りとか、それをちょっと思い出しながら」。4月から始まった米国遠征は7戦でトップ10こそなかったものの、貴重な財産となっているようだ。

会見では前日に続いて東京五輪ソフトボール日本代表の話題に笑顔をみせた。「きのうの女子ソフトボールの勝利があったからこそ、きょうも頑張れた。あした以降も頑張れる」。小学生の頃に熱中した競技だけにプロゴルファーの今でも心の支えになっている。(札幌市南区/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 大東建託・いい部屋ネットレディス




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!