ニュース

国内女子宮里藍サントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

28歳・青木瀬令奈が考える「引退」 コロナ禍の不安

2021/06/12 18:21


◇国内女子◇宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 3日目(12日)◇六甲国際GC(兵庫)◇6517yd(パー72)

9位から出た青木瀬令奈が7バーディ、1ボギーの「66」でプレーし、トップと4打差の通算12アンダー2位で最終日を迎える。最終日をトップ10以内で迎えるのは2019年「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」以来のことだ。(最終順位4位)

<< 下に続く >>

20年からプレーヤーズ委員長を務める青木は、21年も選手たちのとりまとめ役を担っている。コロナ禍でオンラインでのミーティングが増える中、「『何でも言ってね』と選手たちには声かけているけど、LINEとかでわざわざ話すほどではないとか、なかなか意見が出てこない」と悩みの種を打ち明けた。

さらに2月に28歳を迎えた青木は先が見えないコロナ禍で「不安」もふくらんだ。「全国的に、いろんな職業の人がこのコロナ禍で先を考える人が多かったと思う。28歳になって、引退の歳を考えがちになった」と話した。

それでもそんなネガティブな状態から抜け出せたのが、同じ高級腕時計メーカー「リシャール・ミル」と契約を結ぶレーシングドライバー松下信治氏からの言葉だった。

今年5月に会った青木は「自信の無さとか、考え方、将来に対する不安を抱いているのを見抜かれて、潮時を考えるようになっていたけど『今自分がいる場所はなりたくてつかんだ場所なんだから、自分から降りることはないんだよ』。そう言われて、本当にそうだなって」と前を向くきっかけとなった。

首位には稲見萌寧、2位には青木を含めて4人の混戦模様となっている。「ショットに関してはトップの位置がこぶし2個分ぐらい下がっていた」とパッティングとともに修正するポイントはあるが、「今週は(メンタル部分は)徹底してできている。観客はいないけど、久しぶりに(優勝争いの)空気を楽しめれば」と笑顔を見せた。(神戸市北区/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 宮里藍サントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには西畑萌香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!