ニュース

国内女子宮里藍サントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

西村優菜「もっと攻めるゴルフ」 特別な大会で優勝争い

2021/06/12 19:34


◇国内女子◇宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 3日目(12日)◇六甲国際GC(兵庫)◇6517yd(パー72)

2021年5勝の稲見萌寧が首位を走るなか、西村優菜が4打差通算12アンダー2位で追いかける。地元・大阪から近い大会ともあって、西村は「関西で上位争いをしたいと思っていたので、この位置で最終日を迎えるのはすごくうれしいこと。4打差あるので、もっともっと攻めるゴルフが必要」と意気込んだ。

<< 下に続く >>

前半3番(パー3)でバーディを先行。7番で4m、8番では3mのミドルパットを決めてバーディを奪い、9番ではカップから1.5mに寄せて3連続とした。後半12番(パー5)ではフェアウェイとグリーン手前にある2つのバンカーに苦しめられてボギーとしたが、「上手く気持ちは切り替えられて、そのあとも引きずらずにプレーできた」と話した。

今大会は西村にとって「特別な大会」。宮里藍さんがアンバサダーとして初めて就任した2018年大会で行われた座談会で、当時アマチュアだった西村は「気持ちの切り替えかた」を宮里さんに質問をした。「それを聞けたことで今にいきている部分が大きくて、今の成績につながっている。いま、自分はボギーを打っても切りかえられている。成長できた」

2020年「樋口久子 三菱電機レディス」で初優勝を挙げ、今年5月の国内メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で2勝目と順調に実績を積み重ねている。

「(首位との)4打は大きな差だと思います。でも、今日も8アンダーを出している選手はいる。出せないことはない」と3勝目に向けて残り18ホールを見据えた。

今大会の上位2選手には8月の海外メジャー「AIG女子オープン(全英女子)」(スコットランド・カーヌスティGL)の出場権が与えられる。まだ経験のない大舞台だが、「自分の中で良いモチベーションにしながらプレーできたら」。次なる成長へのチャンスをつかみたい。(神戸市北区/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 宮里藍サントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには西畑萌香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!