ニュース

国内女子ほけんの窓口レディースの最新ゴルフニュースをお届け

2位→2位→? 大里桃子が三度目の正直へ好発進

2021/05/14 17:22


◇国内女子◇ほけんの窓口レディース 初日(14日)◇福岡カンツリー倶楽部和白コース(福岡県)◇6335yd(パー72)

2週連続惜敗の悔しさを晴らせるか――。大里桃子が「67」で回って5アンダーとし、首位と1打差の3位発進を切った。

<< 下に続く >>

好調の持続を確信させる一打は終盤16番(パー3)。5Iのティショットを2mにつけ、6バーディ目を奪った。6番で喫した唯一のボギーは、50度のウェッジをダフるミスと原因は明確。ショットメーカーらしく「アイアンはすごく自信を持って打てている。結構ピンに絡む。シビアなパーパットもあんまりなく回れた」と話した。

苦悩したパット不調を克服しつつあり、メンタル面で好循環に入っている。「パターが不安だったときはショットで近くに寄せないといけないと思っていた。今はほどよく寄せれば(パットを入れられる)という意識に変わった。そこが大きな変化」と言った。

2週間前の「パナソニックオープンレディース」は上田桃子との“桃子対決”のプレーオフで敗れた。前週「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」は西村優菜と3打差の2位。目の前で優勝の瞬間を見せつけられた。「先週は優菜ちゃんのすごく良いプレーを見て、自分のイメージも良くなった。あと少しかなと思います」

春先の不調時に想定していたスピード以上に好調を取り戻している。周囲から「三度目の正直」の期待は高まる。「頑張ります」とにっこり笑いながら「こんなに早く(調子が)良くなると思っていなかったというのもある。優勝ばっかりを目指すと固くなってしまう。段階を踏みながら。でもチャンスが来たら(優勝)したいと思う」と言葉を選んだ。(福岡市東区/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ほけんの窓口レディース




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには石井理緒プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!