ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

メジャー初Vの西村優菜 3年シードで海外参戦にも意欲

2021/05/09 20:33


◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 最終日(9日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72)

9アンダー2位から出た西村優菜が6バーディ、1ボギーの「67」でプレー。通算14アンダーで初のメジャータイトルをつかんだ。高速グリーンなどメジャー仕様に仕上げられていた難セッティングにも、初日から3日まですべて「69」で回った。「目標だった4日間全て60台をクリアして優勝できたのがうれしかった」と喜びをかみしめた。

<< 下に続く >>

優勝までのビジョンを描いていたわけではないが、「アウトホールで耐えて、インで3つ伸ばす。そんなイメージでした」とスタートした。ただ、振り返れば内容は出だしからプレッシャーがかかる展開だった。

1番(パー5)でピン手前1.5mに寄せてバーティを奪うと、3番で4mを沈めて2つ目。6番(パー3)で2オン2パットのボギーを喫したが、7番でピン横5mを沈めてバーディとバウンスバックを決めた。「取り返せたのがリズム良く回れた要因かな」

後半に折り返した時点で1打差の11アンダー。「優勝に向けて、後半は強いプレーをするとスタート前から決めていたのでそこでギアを入れるじゃないけど、『優勝する』と思ってプレーした」とアクセルを踏んだ。

オフシーズンに取り組んだショートゲームの強化も大きく実を結んだ。「2020年はグリーン周りのアプローチは寄ればオーケーぐらいの感じだったけど、(今大会の4日間通じて)グリーン周りからバーディを狙えるシーンが多かった」

メジャー制覇により、3年のシード権が与えられる。会見でそのご褒美を知り、「将来的な目標は海外メジャーで優勝することなので、挑戦も出来たらいいなと思っている。状況を見ながらですけど」と目を輝かせた。

米ツアーには憧れでもあるチョン・インジ(韓国)がいる。「一緒の舞台でプレー出来たら最高。早く近づきたい」と弾ける笑顔で語った。まずは2015年大会を制したチョン・インジと同じ20歳での大会制覇。一歩ずつ背中を追いかける。(茨城県つくばみらい市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには石井理緒プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!