ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

西村優菜は三度目の正直 逆転Vへ「狙えない位置ではない」

2021/05/08 19:27


◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 3日目(8日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72)

20歳の西村優菜がプロとして国内メジャー大会に臨むのは4度目。そのうち2020年9月「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」と同11月「ツアー選手権リコーカップ」では最終日最終組もタイトルには手が届かなった。

<< 下に続く >>

「日本女子プロ」では「自分のなかで、戦い方が分からなくなって真っ白になった」と経験不足で7位。「ツアー選手権」では「気持ちが入りすぎて、前半にスコアを落とした」と3位に終わった。

「一戦、一戦、雰囲気も違ってそれぞれ感じ方は違うけど、でもその2試合が気持ちの面でしっかり結果につながってくれればいい。三度目の正直というか、今までやってきたこととか気持ちを振り返って、出来るだけ平常心でやれればいいかな」

ムービングデーとなるこの日は、ボギーなしの3バーディ「69」で回り、通算9アンダー2位で終えた。あす最終日は同じく2位の大里桃子、首位・高橋彩華とともに最終組でプレーする。「3回目の最終日最終組。優勝したい気持ちはもちろんある」とリベンジに燃えた。

“憧れの人”でもある米ツアー3勝のチョン・インジ(韓国)は2015年大会で優勝しており、「私も勝ちたい」と目を輝かせた。ツアー初優勝となった20年11月「樋口久子 三菱電機レディス」では6打差を逆転した。

「トップがいい成績になればわからないけど、60台を出せればチャンスはあるんじゃないかな。狙えない位置ではない」とメジャー初優勝となる3打差逆転へ意気込んだ。(茨城県つくばみらい市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには石井理緒プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!