ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

注目ホールは?21年メジャー初戦は“脳みそが疲れる”セッティング

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 事前(5日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72)

2021年に入って10試合目を迎える国内女子ツアー。ここまで4勝を挙げている稲見萌寧は「4日間大会を勝つのは実力のある選手にしかできない」とメジャータイトル初獲得を目指す。今大会初出場で、大会前にアウトとインそれぞれ9ホールをプレーして確認。「距離も長めでグリーンも難しい。アプローチとパターで耐えられたら、かな」と感触を話した。

<< 下に続く >>

今大会のコースセッティングを担当した中野晶は、大会前日の記者会見で「選手から『疲れた。18ホール回って、脳みそ疲れちゃった』という言葉を引き出したい」と選手に挑戦状をたたきつけた。

同じ舞台で行われた19年大会と比べ、総距離で70yd長くした今回のセッティングでは“勝負心”がキーポイント。前大会から変わらずフェアウェイど真ん中に木がある16番を「カギ」に挙げ、「ティショットから難易度が上がって、セカンドショットも斜面による対応力が求められる」という。さらに、前回から30yd伸びた18番のパー5(515yd)では「風向き次第ではあるが、イーグルを狙えるセッティングにしたいと思っている」と強調した。

優勝スコアの設定は「10アンダー」とし、「高速グリーンへの技術をより強調してトーナメントを戦ってもらいたい。4日間、風や雨で変動もあると思うけど、週末までよき戦いが出来るようにセッティングしたつもりです」と胸を張った。

これまで10代での大会優勝者はいない。直近5試合で優勝を含むトップ3入り4度の19歳、山下美夢有は「全ホール難しいと思う。ここはボギーを打たないように回ろうと感じました。しっかり自分のプレーができたらいいかな」と意気込んだ。(茨城県つくばみらい市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには石井理緒プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!