ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

国内復帰戦の笹生優花 渋野超えの大会史上最年少Vなるか

2021/05/05 07:00


◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 事前(4日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72)

2020-21年シーズン2勝で賞金ランキング4位の笹生優花が練習ラウンド後に会見。「距離もメジャーなので、しっかりとあって、グリーンも速くて木が多い」とコースの印象を話した。

<< 下に続く >>

昨年大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止。前回2019年大会は渋野日向子が大会史上最年少の20歳178日で制した。笹生が優勝となれば、19歳323日で渋野超えとなるが、「10代で勝った人はいないんですか? 勝ったらすごいですが、自分はまだ勝ってないから」と淡々と話す。

国内ツアーは3月「Tポイント×ENEOSゴルフ」(50位)以来の出場。4月は米ツアーのメジャー「ANAインスピレーション」(50位)と「ロッテ選手権」(6位)に参戦したが、「もっと上手になりたいなと思った。手応えはないですね」とトップ10にも満足することはない。

21年は小祝さくらが2勝、稲見萌寧が4勝とツアーを盛り上げている。自身は20年8月「ニトリレディス」以来、優勝から遠ざかっているが、「目標は特になくて、いつもどおり楽しんで、予選通過して勉強になる一週間になれば」。6月3日開幕の「全米女子オープン」(カリフォルニア州オリンピッククラブ)への出場も明言。日米を股にかけて、自然体のゴルフでまずは日本のメジャータイトルを狙う。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!