ニュース

国内女子パナソニックオープンレディースゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「何のためにやっているのか」迷走脱出へ上田桃子が見せつけたもの

2021/05/02 19:40


◇国内女子◇パナソニックオープンレディース 最終日(2日)◇浜野ゴルフクラブ (千葉)◇6566yd(パー72)

上田桃子が2年ぶりにツアー通算16勝目を飾った。本人も「珍しい」というバーディなし(1ボギー)で回ってもつれ込んだプレーオフで、大里桃子を下してつかんだ勝利に両手を挙げて喜んだ。決して不調だったわけではないが、その裏では涙を流したこともあった。

<< 下に続く >>

「自分的には若手の台頭に悩んでいたというよりは、(自分が)ストロングポイントだと思っていたところで凡ミスすることがこの3、4試合続いていた」。3月「ヤマハレディースオープン葛城」の最終ホールで得意とするバンカーショットをホームランしたことを挙げ、「集中力はあるのにミスして、原因が分からなかった」と迷走状態に入っていたという。

指導を仰ぐ辻村明志コーチとは「2、3週間はずっと話し合っていた」。もともと休養を決めていた「フジサンケイレディスオープン」と同週にコーチと茨城・大洗で2日間の合宿を敢行して解決を急いだ。「泣きながら『勝てる気がしない』と言われて、ガチだなと思った」と、今大会でキャディを務めた辻村コーチは振り返る。

これまでは「ギャラリーに、会場に来て良かったと思ってもらえるゴルフをする」のが目標だった。その大前提をコロナ禍によって無観客試合が増えたことで見失った。「何のためにやっているのか、ずっと考えていた。ただ優勝というのもワクワクしない。どの山に登りたいのか分からない」。そんななか活路を見いだしたのが「ベテランの強み」を考えたことだという。

「やっぱりどの選手よりも基礎が一番の選手になりたいと思った。ショットでは打点だったり、アプローチであればスピン量の安定、パッティングでいえばリズム感やタッチ。そういう、基本が大事なんだよ、というのを後輩たちに伝えることだったり、そこをやることで自信につながると思った」。優勝しても、さらにその先にある目標はまだ見つからないというが、その道程にある小さな山は越えた。

次週は悲願のメジャータイトルがかかる。「まずは今週やり切れたっていうところは大きいですし、(風が強いという)状況が状況で、今日は攻めるというのが難しかったので、また来週はバーディを獲っていかないと優勝出来ないと思う。(後輩たちには)こういうゴルフもあるよ、というのは見せられたかな」と誇らしげに話した。(千葉県市原市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!