ニュース

国内女子JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

「出ればあるけど『出れば』の話」 5打差後退・渋野日向子が向き合うビッグスコア

2020/11/28 16:59


◇国内女子メジャー第3戦◇JLPGAツアー選手権リコーカップ 3日目(28日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6543yd(パー72)

大会初日の0.6m/s、2日目の1.7m/sの風から一変。3日目は6m/sの冷たく強い風が吹き荒れた。7アンダー2位から出た渋野日向子は2バーディ、4ボギーの「74」でプレーし、通算5アンダー6位に順位を落とした。

<< 下に続く >>

目標の1日3アンダーは達成できなかったが、「よく耐えたんじゃないですかね」。打ち損じなど“ミス”と思えるショットは1Wで左に曲げた4番だけだったとし、「その後はちゃんとつかまって距離も出ていましたし、大体のショットは『風に流された』という捉え方をしている」と振り返った。

「スコアは打ったけど楽しかった。メンタル的にズーンとなってもおかしくないけど、すごく気持ちのコントロールができていた」と後半14番では、残り15ydから58度での3打目がチップイン。ハイタッチを交わし、笑顔をはじけさせた。

12月に「全米女子オープン」を控えるが、国内の試合はあす29日が年内最後のラウンドとなる。「(今年は)苦労した1年でしたし、いろいろ思うことはあるけど、無事にここまで来られて良かった。悔いの残らないように、この最終日に自分のいろんな思いをぶつけたい」と胸中を語った。

最終日はトップと5打差からのスタート。「(優勝は)ビッグスコアが出ればありますけど、『出れば』の話なので…」としつつ、「まずは自分のやるべきことを徹底して、3つしっかり伸ばす。残り18ホール、まだ分からないのであきらめない。その中でも自分らしくやれたら」と意気込んだ。(宮崎市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!