ニュース

国内女子JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

「今ならプラスに考えられる」渋野日向子 原英莉花も復調実感「怖いな」

2020/11/27 18:09


◇国内女子メジャー第3戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 2日目(27日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6543yd(パー72)

4アンダーから出た渋野日向子は5バーディ、2ボギーの「69」でプレーし、通算7アンダー2位で順位を守って大会をハーフターンした。前週の「大王製紙エリエールレディス」を含め、今季は第2ラウンドでスコアを落としがちだったが、連日の60台に納得の様子。「合格まではいかなくても、怒らなくてもいいかな」と、プレーを「60点」と自己評価した。

<< 下に続く >>

初日の好スタートから最終組に入った渋野は序盤2番(パー5)のバーディをきっかけに、11番(パー5)までに5つスコアを伸ばした。「ボギーを打つ要素がなかった。(グリーンの)外に外してもしっかり寄せる、微妙なパーパットも入れて、そういうところを最後まで貫き通せたのは良かった」。パーオン率は83%、フェアウェイキープ率は71%と好調をキープしている。

その中で、反省点として挙げたのはパッティングのタッチ。13番(パー5)でバーディパットを外し、流れを悪くした。「迷っているとかはなかったけど、(強く)打つ必要のないところで打ったり、打ち切れなかったり。欲が出てしまった」。ただし、その後の2ボギーにも「外れたのも自分のラインには打てていた」と自信を持ってうなずいた。

一緒にプレーした首位の原英莉花は、渋野について「(ショットが)芯に当たっている球の飛び方をしている。パターもそうですけど、いまは迷いなくやっているのかな、と強さを感じます」と話した。

同世代の2人は今季「TOTOジャパンクラシック」の初日、「伊藤園レディス」2日目でも一緒に回っており、「(その時は) ちょっと不安そうに見えたときもあったけれど、いまはまったく(見られ)ない。きょう一緒に回って怖いなと思いました」と復調を傍で実感。渋野にとっても、「かなり切磋琢磨してやって、自分も負けないようにという気持ちで18ホール回った」と緊張感のあるラウンドとなった。

「今の自分ならすごくプラスに考えられる。とりあえず、(目標に設定している、1日)3つ伸ばすことは徹底して、自分の気持ちをコントロールできるように。あと2日ある。攻めるところは攻めて、守るところは守って、粘るところは粘って。自分の今の最高のゴルフができるように頑張りたい」。残り36ホールだ。(宮崎市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!