ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

【速報】前年覇者の意地 渋野日向子は「66」で今季初のトップ10入りへ

◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 最終日(22日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6545yd(パー71)

渋野日向子が最終日に前年覇者の意地を見せた。通算3アンダー14位から出て、6バーディ、1ボギーの「66」をマークして通算8アンダー。ホールアウト時点で5位に順位を上げた。

<< 下に続く >>

<< 下に続く >>

出だしの1番でティショットをラフに入れながらもバーディ発進。昨年までのパー5からパー4に変わった5番、6番と連続バーディを奪い、さらに9番(パー5)ではロングパットをねじ込んだ。アウト「31」(パー35)はこの日のベストスコアに並ぶ記録だった。

後半16番(パー3)で初ボギーを喫したものの、前日「攻めるところは攻めたい」と話していたとおり、この日は9、11、17番と3つあるパー5ホールですべてバーディを奪って、今季最高順位を確実にして4日間の戦いを終えた。

通算13アンダー単独首位から出た古江彩佳が16ホールを終えて3つスコアを伸ばし、後続に6打差をつけてトップを独走している。

【速報】古江彩佳が7打差首位 渋野日向子5バーディの猛チャージで後半の戦い

◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 最終日(22日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6545yd(パー71)

最終組が前半を終え、サンデーバックナインに入った。2打差の首位で出た古江彩佳が前半を3バーディ、1ボギーの「33」(パー35)。10番でもバーディを奪い、通算16アンダーでその座を守り、後続との差を7打に広げている。

同じ最終組の笹生優花は「37」と2つスコアを落とし、通算9アンダー。10ホールを終えたイ・ミニョン(韓国)と2位で並んでいる。

渋野日向子は11番までにボギーなしで5バーディを重ねる猛チャージを見せ、通算8アンダーとして後半の戦いを進めている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!