ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

池からはい上がってきたボール 渋野日向子の“終わらなかった”奇跡

2020/11/20 18:12


◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 2日目(20日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6545yd(パー71)

後半17番(パー5)。残り226ydからの第2打を3Wで狙った渋野日向子は苦い表情を浮かべた。前日に2オンしたホール。「普通に打てれば(グリーンに)届く距離。ただ池があるため力んでしまって、軽くダフった」。無情にもボールはグリーン左手前に構える池へと一直線に向かった。

<< 下に続く >>

通算イーブンパーで迎えており、結果的に2オーバーになったカットラインを意識する終盤だった。水しぶきまで見え、脳裏によぎる絶望。今季3度目の予選落ちが浮かんだ。「もう、終わりを迎えたと思いましたね」。苦笑い交じりで振り返る痛恨のミスだったが、消えたはずのボールは跳ね上がって池から出てきた。

池の底が浅くなっており、地面で弾んだとみられる。「終わったと思っていたら(グリーン周りに)ボールが見えたんですよ。おっ、と思って。うれしかったですよ」。奇跡的な運も生かして25ydの第3打を3mに寄せた。予選通過の危機から一転し、2週連続の決勝ラウンド進出を決定づける、バーディを奪った。

2バーディ、4ボギーの「73」。「スコアを落とすことが多い」と鬼門に挙げる第2ラウンドでオーバーパーを喫したものの、通算1アンダーの20位にとどまりトップとは6打差。「去年ほどのビッグスコアを出せる状態ではないと思うけど、今の自分の最高のゴルフができるようにしたい」と意気込んだ。(愛媛県松山市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!