ニュース

国内女子樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

独走態勢は気にせず「とにかくゴルフが楽しい」勝みなみのゴルフノート

2020/10/31 17:36


◇国内女子◇樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 2日目(31日)◇武蔵丘GC(埼玉)◇6585yd(パー72)

勝みなみはゴルフノートに反省や思いを書き込んでいる。1カ月前に感じとった復調気配が結果として表れたのが2週間前の前戦「富士通レディース」。12位で終えた最終日には課題をしっかりと振り返り、「いまはとにかくゴルフが楽しい」と綴って締めくくっていた。

<< 下に続く >>

「ゴルフ自体が楽しいと思えたのは、本当に久しぶりでしたね。楽しいというのにもいろいろあるけど、悪いときはその中で良かった部分を探す。良かったときよりは、“楽しい”というのは少なくなる」。6月の国内開幕戦からショットの不調を抱え、スイング時に「肩を回す」ことで改善の兆しが見えた。

生命線のパッティングは、予選落ちした「スタンレーレディス」で3パットが多発した。「(その翌週の)富士通の最終日に『フェースが開いているのかな?』とキャディさんに話して見てもらったら、やっぱり開いていた。少しかぶせてみたら、すごくしっくりきたんです」。悩みの種を一つずつ潰してきた。

単独トップから出て6バーディ、1ボギーの「67」で回り通算10アンダー。2位の申ジエ(韓国)に5打差をつけた。前半2番ではティショットを左に曲げて暫定球を打ったが、木に当たっていた1球目が見つかり、ロストボールを免れてボギーにとどめた。8mを沈めた10番からはショット、パットがかみ合い3連続バーディを奪った。「全体的に良いです」とうなずいた。

史上最年少のアマチュア優勝を含め、過去4勝は混戦を制する展開が多かった。申には16年「ニチレイレディス」で史上初のアマ2勝目を阻まれた。「怖い相手ではあるんですけど、素晴らしいプロと最終日最終組で回れる。相手よりも、まずは自分のプレーをすることに集中したい。5打差というのは消してゼロからやりたい」と自然体で言い切った。(埼玉県飯能市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!