ニュース

国内女子富士通レディース 2020の最新ゴルフニュースをお届け

脇元華はリズム重視でパット開眼 目に焼き付けた“女王”のリズム

2020/10/17 17:20


◇国内女子◇富士通レディース 2日目(17日)◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6659yd(パー72)

一日中、冷たい雨が降り続いた2日目に、脇元華が4バーディ、1ボギーの「69」で通算2アンダー。ツアー初優勝に向けて、首位と3打差4位に浮上した。

<< 下に続く >>

今季は7試合に出場して最高位は「NEC軽井沢72」の48位。「スコアもぜんぜん出なくて、自分のやっていることが間違っているんじゃないかと思った」と深く悩むこともあったという。特に不調だったのはパッティング。「3パットや4パットもあった」という状況で、周囲にアドバイスを求めながら、なんとか光明を見出そうとした。

そんな開幕前の木曜日、パッティンググリーンで練習をしていると、上田桃子も同じ時間に球を転がしていた。「アドレスや打ち方も全部好きで、参考にさせてもらっていた」という元女王のパッティングを、お願いして動画に保存させてもらったという。それをスタート前や車での移動中に繰り返し眺めて、リズムを「目にやきつけました」と今週の好結果につなげている。

「まず目標にしているのは初優勝。そこに一歩近づけている状況なので、あすも悔いなく自分を信じてプレーをしたい」という23歳。「パターのリズムだけ考えてやっていきたい」とやることは明確だ。(千葉市緑区/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 富士通レディース 2020




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!