ニュース

国内女子ユピテル・静岡新聞SBSレディースの最新ゴルフニュースをお届け

リ・ハナが初優勝 原江里菜、林菜乃子はプレーオフで惜敗/ステップアップツアー

◇ステップアップツアー◇ユピテル・静岡新聞SBSレディース 最終日(20日)◇静岡C浜岡コース(静岡)◇6311yd(パー72)

首位と2打差の4位から出たリ・ハナ(韓国)が5バーディ、3ボギーの「70」で回り、通算5アンダーで並んだ原江里菜、ホステスプロの林菜乃子とのプレーオフを制してツアー初優勝を飾った。18番ホール(パー4)で行われたプレーオフ1ホール目でボギーとした原が脱落。プレーオフ3ホール目でリがバーディパットを沈め、林がバーディを逃して勝負がついた。

<< 下に続く >>

リは今季から日本ツアーに初参戦している2001年生まれの19歳。昨季の最終予選会(ファイナルQT)60位の資格で出場し、レギュラーツアーはここまで3試合中2試合の予選通過を果たしている。

レギュラーツアー2勝の原は4打差を追って10位から出て、この日ベストスコアの「68」をマークしたが、惜しくも優勝を逃し、2015年「大東建託・いい部屋ネットレディス」以来、5年ぶりの勝利はならなかった。

通算4アンダー4位に福田侑子山内日菜子が続いた。

<主な上位成績>
優勝/-5/リ・ハナ
2T/-5/林菜乃子原江里菜
4T/-4/福田侑子山内日菜子
6/-3/常文恵
7T/-2/上原美希廣田真優岸部桃子植竹希望

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ユピテル・静岡新聞SBSレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!