ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

安田祐香 ホステス大会で国内2度目の予選落ち「1打の重みを感じる試合」

2020/08/15 16:27


◇国内女子◇NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目(15日)◇軽井沢72ゴルフ北コース(長野県)◇6710yd(パー72)

プロ2戦目の安田祐香が、初のホステスプロとして臨んだ試合。イーブンパー47位から出た2日目も、3バーディ、3ボギーとスコアを伸ばせず、通算イーブンパーのまま56位。カットラインに1打届かず、国内ツアーでプロとして初、アマチュア時代を通じても自身2度目の予選落ちとなった。

<< 下に続く >>

10番スタートのこの日、前半インは2アンダーで折り返したが、後半の5番、7番と1mほどのパットを外してボギーとした。最終9番(パー5)は、開幕戦同様にバーディ締めで予選通過に望みを託したが、今回は1打届かなかった。

「きのうも、きょうも良いショットが全然なかった。バーディは獲れているけど、(ピンを)狙って9Iでも(グリーンを)外してしまって、1mくらいを外してしまった。1打の重みを感じる試合になりました」と口を結んだ。

それでも、不本意なショットでもスコアをまとめられたことを収穫に上げ、無観客ながらもホステスプロとして多くの応援メッセージをもらったことに感謝した。

次戦は昨年大会4位だった小樽CC(北海道)で行われる「ニトリレディス」(27日開幕)に出場予定。「コースがすごく難しくて、風も吹く。去年はすごく良いプレーができたし、そういうゴルフの方が向いているかなと思うので、しっかり上位を目指して頑張りたい」と視線を上げた。(長野県軽井沢町/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!