ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「0点に近い」前半から粘り 安田祐香は後半パーオン率100%

2020/08/14 17:30


◇国内女子◇NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日(14日)◇軽井沢72ゴルフ北コース(長野県)◇6710yd(パー72)

今季第2戦で初のホステスプロを務める安田祐香は4バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「72」でプレー。首位と7打差のイーブンパー47位からのスタートとなった。

<< 下に続く >>

「0点に近いくらい悪い」と切り捨てた前半は4番でボギーが先行すると、続く5番もスコアを落とした。さらに7番は残り30ydのラフから打った3打目をピン左横7mと寄せきれず、パーパットも2mオーバー。返しを外してダブルボギーを喫した。

「ショットも乗らなくて、パターも入らなかった」と苦しい展開の中、8番(パー3)がターニングポイントになった。5Iでピンそば2mにつけて最初のバーディを奪い、「気持ちを切り替えようとなった。大きなバーディになった」。後半はボギーなしの3バーディで息を吹き返した。

「すごく悪いわけではないけど、当たりが悪かったり…」と自信を持てずに打っていたというショット。スタッツ面で重要視するパーオン率も「前半は3つぐらい」と低迷していたが、「後半は全部乗った」と徐々に持ち味を発揮した。

明日に向けて「バーディは4つ獲れたので、ボギーを減らすプレーをしたいと思う。まずはパーオン率を良くしないと、ピンチしかない。ショットに自信を持って、パターも今日はショートが多かったので、出来るだけオーバーに打ちたい」と意気込んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!