ニュース

国内女子サマンサタバサ&GMOインターネット ガールズコレクション・レディーストーナメント(中止)の最新ゴルフニュースをお届け

脇元華がGMOと所属契約 米ツアーVへ「5.5年計画」

2020/07/07 16:25


女子プロゴルファーの脇元華が7日、都内で会見を行い、インターネット事業を展開するGMOと所属契約を結んだことを発表した。同社は「No.1になる」というスローガンを掲げており「私の目標はNo.1の選手になること。同じ考え方を持つ企業様から素晴らしいサポートをいただけることに心から嬉しく思っております」と話した。

昨年初シードを獲得した22歳の脇元は、今年7月から2025年末まで「5.5年計画」を掲げていると表明。「23歳で1勝、24歳で複数優勝、3年後は(国内ツアーで)賞金女王に。4年後は米ツアーに参戦して経験を積んで(2024年パリ五輪の)オリンピック選手に、5年後に米ツアーで1勝したい。No.1になるという目標を毎日、口に出して意識させて、頑張って目標に向かって突っ走っていきたい」と言い切った。

<< 下に続く >>

同社の代表取締役兼社長を務める熊谷正寿氏は「インターネットの時代は共感の時代で、すなわちソーシャルの時代。共感され、多くのインターネットユーザーの方々からご支持いただける企業、パーソナリティが非常に重要です。華さんは、ダジャレではないですけど華があって、ネットユーザーからも支持される。ナンバーワン志向であること、共感される選手であることが契約に至った理由です」と語った。

新型コロナウイルスの影響で約4カ月遅れた今季開幕戦「アース・モンダミンカップ」では予選落ちを喫して満足のいかない成績だったが「開幕戦で経験した自分の足りないところや課題を克服して、次の試合に向けて臨みたい。1つ下は黄金世代で、後輩たちが優勝したりして活躍している。自分も1つしか変わらない。負けたくない」と闘争心を見せた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 サマンサタバサ&GMOインターネット ガールズコレクション・レディーストーナメント(中止)




特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!